FXにも興味のある方オススメの業者です

通貨ペアは多いとまではいきませんが、主要クロス円あれば十分でしょう。

日本ではまだまだ他国の状況がわかりにくいですからね。

為替はなんといってもスプレッドの狭さが重要になります。

USD/JPYが0.4銭ほぼ固定と、株から比べるとものすごくエントリーし易いですね。

会社もDMMと信頼はあると思います。

私は数年前からFXもやっていますが、業者も数社変え今ではDMMに落ち着いています。

結局はスプレッドの魅力には勝てません^^!


次のチャンスを逃さないために!

早めに口座を作って練習だっ!




明日株価が上がる株式銘柄を2クリック30秒で予測するツール



ツールもなしに、あなたは株式のプロに勝てると思っていますか?
 

2010年03月23日

超カンタンアメリカ最強のFX理論


 超カンタンアメリカ最強のFX理論

 ロブ・ブッカー /ブラッドリー・フリード
 扶桑社



日本でのFXの歴史はまだ10年。先進国と言えば、やはり先物取引で格段の進化を遂げたアメリカである。日本で語られるFXの手法や理論は、株式投資から発展したものが多く、彼らに言わせれば「通用しない」という。そこで本書では、アメリカで一、二を争うトップFXコーチであるロブ・ブッカー氏とブラッドリー・フリード氏に、FXの最新理論をレクチャーしてもらう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人のFXは間違っていた!利回り年1000%の猛者まで育てたアメリカのカリスマFXコーチの手法を一挙公開。

【目次】(「BOOK」データベースより)
FXを間違えた日本人/ロブの主たる武器「2trendy」/世界でいちばん日本人向き!?「NYボックス」/ロブが使う最小限のテクニカルと「アリゾナルール」/「アリゾナルール」10の手法/マネーマネジメントこそが成功のカギ/ロブは“バックテスター”/「10pipsはうれしくない?」勝つ人の戦略と習慣

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ブッカー,ロブ(Booker,Rob)
アメリカ・カリフォルニア州出身。弁護士、Tシャツの制作、雑誌販売、イタリア語教師、CPA採用業務、広告会社の経営、eコマース会社の運営、家の屋根葺きなどさまざまな職業を経験。「幸せでいられる仕事」「巨万の富を得る努力をしながら、テレビゲームや映画を楽しめ、世界中の人とおしゃべりできる仕事」を求めていたところ、FXと出合い、専業トレーダーに。現在、自らトレードするのと同時に、自宅の近くでFXトレーディングのアドバイスビジネスを経営

フリード,ブラッドリー(Fried,Bradley)
アメリカ・カリフォルニア州出身。メリーランド大学ロバートH.スミス経営学院のMBAプログラムを卒業後に来日。外資系の投資銀行系証券会社、ファンド系証券会社でアナリストとして活躍。’07年にロブに弟子入り。ロブのFXトレード戦略を日本で提供するため、’09年、Rob Booker Japanを設立。同社社長としてロブから学んだシステムと知識を活用し、FXトレードのアドバイス、市場のテクニカル分析を提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


さらに詳しい情報はコチラ≫

 
posted by ロンリー鼠 at 22:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。