FXにも興味のある方オススメの業者です

通貨ペアは多いとまではいきませんが、主要クロス円あれば十分でしょう。

日本ではまだまだ他国の状況がわかりにくいですからね。

為替はなんといってもスプレッドの狭さが重要になります。

USD/JPYが0.4銭ほぼ固定と、株から比べるとものすごくエントリーし易いですね。

会社もDMMと信頼はあると思います。

私は数年前からFXもやっていますが、業者も数社変え今ではDMMに落ち着いています。

結局はスプレッドの魅力には勝てません^^!


次のチャンスを逃さないために!

早めに口座を作って練習だっ!




明日株価が上がる株式銘柄を2クリック30秒で予測するツール



ツールもなしに、あなたは株式のプロに勝てると思っていますか?
 

2010年03月24日

金融危機で失った資産を取り戻す方法


 金融危機で失った資産を取り戻す方法

 中原圭介
 フォレスト出版



「予測が当たるエコノミスト第1位」に選ばれた2010年以降のバブルを予測!

サブプライムショックで大きな損失を出した投資家たちに「失った資産を取り戻す方法」を伝授します。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アメリカ、中国などが仕掛ける超巨大バブルが、2009年12月の「COP15」を境に、いよいよ大きく動き出す。サブプライム関連を上回る危険な金融商品が出回り、全世界を巻き込んだ究極の仕手戦が始まる!そして、世界経済は新たなステージへ。何を買えばいいのか?いつ仕込みを始めればいいのか?具体的な資産運用法が分かる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 巨大バブルへのシナリオは、すでに動き始めている!(次なる巨大バブルは本当に起こるのか?/新興国と途上国は「飴玉」を欲しがっている! ほか)/第2章 バブルを仕掛けるアメリカの「真の狙い」(「お金」の本質とは?/バブルは「お金の代用品」から生まれる! ほか)/第3章 変貌する世界経済(2009年12月の「COP15」に注目が集まっている!/削減目標達成のための4つの仕組み ほか)/第4章 新たな流れに取り残される日本経済(バブルが起これば、日本の企業は窮地に立たされる!/日本の技術資産が失われていく! ほか)/第5章 金融危機で失った資産を取り戻す方法(経済史上初の人為的なバブルがやってくる!/具体的に何を買えばいいのか? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中原圭介(ナカハラケイスケ)
エコノミスト・ファイナンシャルプランナー。金融コンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の代表取締役兼ディレクターとして活動。金融機関への助言・提案や顧客の資産運用コンサルティングを行う傍ら、執筆・セミナーなどで金融教育・投資家教育の普及に努めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


さらに詳しい情報はコチラ≫

 
posted by ロンリー鼠 at 20:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。